特別に作成する開店祝いギフトを作るまでに必要な事 バルーンショップBLUESKY

昨日

オープンされたアウトドアベースSUNPOさんへの開店祝いは

バルーンアレンジ置き型 1個

バルーンブーケ5個

設置デコレーション1個

とたくさんご注文いただきました。

スタッフへ注文がはいり

お客様からはInstagramやPinterest から

お気に入りの画像とともに詳細な

色や形の指定がありました。

最近 とても増えています。

私たちが作成までどうして進めたかを

開店祝いのバルーンを注文を受けてからお届けまで

1.ご注文をまず伺ったときは

 どんなものを作ってもらえますか?みたいな感じでした。

 お店の職種やコンセプトを伺い

 ネットで検索させていただきました。

内装を手掛けられたお店のサイトも確認すると

とてもこだわった内容で

ニシムラ装飾さんページ

お店の壁にこんなに素敵な装飾をされているお店なので
こだわりのデザインとか色があるだろうと想像していました。
ロゴは
2.できるだけご希望を詳細にお伝えください。
お客様からロゴをいれて
透明なバルーンの中に
テーマーカラーやナチュラルカラーの
丸い風船をいれてとの
Instagramなどからの写真を数点提示されましたので
アレンジのバルーンにロゴをプリントさせてもらいました。
お届け時にはもうすこしバルーンを加えて
カードも付けました。
浮かぶバルーンにもロゴの文字部分だけを入れました。
3.季節により状態が違うので出来るだけ試作をします。
 そういった時間を作るためにも早めのご相談がいい商品を作ります。
プリントの入れ方や
中に入れる風船の個数などを何度も試作して
長期間浮かんでい楽しんでいただけるように
作成の数日前に
試作品を作りました。
10月6日に作成したもの↑
本日10月10日に朝
我が家の玄関に置いていますが↓
まだまだしっかりと浮かんでいます。
お届け時に箱から飛び出た
ゴム風船にも薬をいれて数日は浮かぶようにしていますが
他のアレンジに使用した
風船は長期に浮かぶように手を加えています。
置く場所の条件や取り扱いで
風船の寿命は異なってきますが、出来るだけ楽しんでいただけるように
すこし単価が上がってもそちらをお勧めしています。
使用するバルーンの色や形も
お客様と相談しながらベストのものを選ばせていただくようにしています。
Instagramやピンタレストからの画像は
中国製の風船を使っていたり、私たちプロが使用するメーカーでないものも
多いです。
まして他のお店のデザインですのでまったく同じものを作ることはできないので
その点はお話をしながらお客様と相談させていただいています。
お客様のお気持ちが一番大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする