コロナウイルスにより結婚式の延期の連絡が入りました。

4月のはじめの結婚式の演出を

遠方の式場さんから依頼されていました。

本日、

プランナーさんからメールが

お世話になります。

4月△日の結婚式ですが、コロナウィルスの関係で延期となりました。

現在、延期の日程は決まっておりませんが秋か来春に延びる予定です。

ただ、新婦様の強い要望でBLUESKYさんの演出は必ずやりたいとのことですので

日程が決まり次第、お願いさせてください。

急な取りやめで申し訳ございませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

見えないウイルスで

お二人だけでなく、ご家族や

参加されるゲストの方も毎日毎日、増えている発症者の数に

不安なお気持ちで、悩まれたのだろうと

胸が痛む思いです。

秋になるか来春になるかはわかりませんが

BLUESKYもお二人のお気持ちをしっかり受け止めて

バルーンでお手伝いさせていただきます。

2011年の3月の今頃

結婚式や卒業式を延期しました。

中止にしました。との連絡が毎日入っていたころを思い出します。

あの時は地震と言う災害

今回はウイルスという

見えない敵との戦いですよね。

人が生きていたら、ウイルスや細菌とともに生きているってことなんですよね。

毎年、姿を少しずつ変えては人類に立ち向かってくる

病と人間は共存しながら、医学や衛生学、栄養学が進化して

きて、戦いに勝った気になっていたのが

間違いだったと今回のウイルスの出現で思い知らされています。

でも、人間も進歩します。

今回のウイルスに対してももうすこし時間がかかるかもしれませんが

キッと乗り切ることが出来ると信じています。

挙式を決められたお二人へ

BLUESKYからのメッセージ

1日も早い収束を祈りつつ、おふたりの結婚式が無事に開催されることを願っていました。

結婚式開催の延期は、ゲストや関係者のことを第一に考えてくださっての苦渋の判断だったと思います。

こんな言葉が適切かは分からないのですが、おふたりの多大なるお気遣いに感謝します。

キッとこの判断が間違いではなく、心からお二人、ご家族、ゲストの方が

笑顔で挙式、披露宴を行える日が来ることを心から願っています。

BLUESKYもお手伝いさせていただきます。

お二人の素敵な姿をみられるのがすこし先になっただけです。

ワクワクと想像して、幸せを祈る時間が長くなったと思います。

日程がお決まりになったら

お知らせください。

BLUESKYが必ず素敵な披露宴を演出させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする