バルーン教室へ行くときに必要なもの 11月から新バルーン教室始まります。

BLUESKYはバルーン教室をよく

行います。

保育園の小さなお友達から

老健施設の方たちまで、

風船をおそるおそる触る真剣な目の小さな子供たち

島根県益田市 ペガサスクラブ主催夏休みバルーン教室、8月の回でした。 タコやマラカスなど作りました。 たくさんの方々にご参加いただき、にぎやかで楽しい教室になりました。

割れたら、大声で笑い飛ばすお年寄りの方々

とても楽しい時間を共有させてもらっています。

そんなBLUESKYが

11月から新しいバルーン教室を開催します。

毎月すこしずつレベルUPも出来るし

いつから始めてもOK

その月に合わせて、いろいろなものを作っていきますよ。

バルーンに興味がある方

是非、いちどためしにお越しください。

1回がペガサスクラブ会員は300円(非会員は600円)に

材料代が1回が200円から500円です。

ご都合に合わせてお越しください。

何か準備する物が要りますか?

とよく質問を受けます。

今のところは

ポンプや風船、はさみなどの用具はBLUESKYが準備しますので

入れて帰る袋などは準備されるといいかと思います。

何回か習っていくうちに

すこし、自分でいろいろ作れるようになると

家でも作りたいなと思うようになると思います。

家族や友人に作ってあげたいなんて思い始めます。

その時には

プロが使う風船を是非ご購入ください。

それと

ポンプ

これらをご用意されたら家でも復習、予習が出来ますよね。

BLUESKYのおちゃのこショップでは

お薦めの教本は

無料でダウンロードできる

なにげに世界で有名な日本人:世界を驚かせたバルーンアーティスト、松本壮由氏

松本さんの基礎技法集

これお勧めです。

今はYuutubeにもたくさんのバルーンの作品の作り方を

一流のバルーンアーティストさんが丁寧に教えてくれていますが

こうして本になっていると

いつでも開いてみることが出来るのでとても参考になりますよ。

松本壮由(まつもと・まさよし)

バルーンアーティスト

1989年11月7日生まれ。日本のみならず、アメリカ、イギリス、スペイン、オランダ、ドイツ、メキシコなど各国のメディアに取り上げられる。2008年、大学1年生の頃、所属していたジャグリングサークルでバルーンアートと出会う。以降、接着剤などは一切使わず、風船のみで作り上げることにこだわる作品づくりを続ける。特に、鳥、爬虫類、節足動物の造形には定評があり、独自の世界観が表現されている。

こんな内容です。

捻り方や結び方など

写真を見ながら何度でも作ってみてください。

キッと上達が早いと思いますよ。

バルーンアートのはじめ方

こちらからダウンロードしてください。

https://isopresso-shop.booth.pm/items/847287

本やYuutubeでわからなかったり、困った時は

是非、BLUESKYのバルーン教室へお越しください。

貴方の町でも呼ばれたら伺います。

お気軽にお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする