台風接近で耳の調子が悪いです。気象病?かなと調べてみました。

昨日の、
旦那さんの大切な気圧計
これを見ながら天気予報の解説をしています。
台風接近ですから、大騒ぎしています(苦笑)

大型で非常に強い台風19号が日本列島に近づくにつれ

昨日の午後から

耳が痒くなって

「誰か私の悪口言ってるんだろうね?」と

笑っていましたが、、

ダンダンと笑えなくなりました。

耳の不快感と

背中痛、頭痛とだんだんと調子悪く

昨夜は

なんとなんと

19時には横になりました。

今朝はの益田市は

06:40

  • 天気くもり
  • 気温21.5℃
  • 湿度88%
  • 気圧991hPa
  • 風 北北東 5m/s
  • 日の出 06:15 | 日の入 17:43
台風からずいぶんと離れている島根でも
今は風が強くなり空も暗いです。
不調は悪くなるばかりで
私のところがこれだから
東海、関東の気象により体調が悪くなる方は
大変だろうなと思います。
気象で自律神経に影響が

気象病の主な原因は、気圧の変化。変化は急なほど症状が強くなります。主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

対策は
自律神経を日ごろから鍛えるしかないのかな?

耳が敏感な人がなりやすいのではないか」と考えています。この「耳」とは「内耳」で、鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官を指します。佐藤先生は、これまで行ってきた実験から、内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないかという仮説を立てました。

内耳で気圧の変化を感じると、センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、自律神経系を活性化させます。ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり、交感神経か副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

今回の台風で
その耳が弱いからだと痛感しています。
耳の調子がとにかく今回は悪い
乗り物酔いをする人は注意らしいです。
まずは、自律神経系のバランスを整える生活を送ることを心掛がけることが大切です。適度に体を動かし、起床時刻はなるべく毎日同じ時刻にして、朝食はしっかり食べましょう。
定番の健康を作ることが一番の解決策見たいです。
いろいろ検索すると
やはり、気象病の時は、耳をマッサージしたらいいみたいです。
両耳を軽くつまんで、上下横に5秒ずつ引っ張ったり、耳を横に引っ張りながら後ろに回したりしてください。
首や肩のストレッチも良いみたいですよ。
私も朝から
耳を引っ張ったりして、耳あたりの血流を良くしています。
少しでも楽になるように
今から今日一日
台風が接近、上陸する中で体調不良の方も
出てくると思います。
すこし時間があれば耳のマッサージしてみてください。
どうか、被害が無いことを願っています。
今日のBLUESKYの発送はお休みしています。

運送業者も関東への送りを中止しております。

明日はウエディングがあります。
お天気が心配ですが、無事にお届けできるよう
BLUESKYも頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする