大雨警報の中、我が家の火災警報器が突然しゃべり始めた

昨日から、この地域も

大雨警報が続いている朝

突然、火災警報器が

「ツウシンテストイジョウデス」

ツウシンテストイジョウデスと

何度も叫びます。

火災報知器が話すなんて思ってなかったので

まず、、どこから声が聞こえるのか?と

部屋をうろうろ

あちこちを見回して

報知器がピカピカしているのは発見

火は使ってないし

殺虫剤やスプレー類も使っていないのに

何を言っているの?

送信テスト異常ですって何?

とりあえず、

ピカピカ光っているボタンを押してみるけど

全然、おしゃべりをやめる様子がないので

ググってみました。

電池寿命が来たか、劣化で起こるらしい

知らなかったけど

72時間ごとに、通信異常がないかをテスト通信をしているみたで

その際に、異常があれば

上記のような お知らせと警報音を出すらしい

知らない間 72時間ごとに調べてくれていたんだと

感心しました。

どうやら

電池寿命だと思われるので

電池交換、あるいは新しいのに交換するかもしれません。

警報音を出すのは下記のようなとき

まずは、説明書(当然私は無くしています)か商品HPで

対応を確認して見ましょう。

大雨で

大雨警報の出ている時

火災警報器の警報はびっくりしました。

朝からバタバタの一日が始まりました。

九州地区、山口県の一部も避難勧告出ています。

ご注意ください。

バルーンショップBLUESKY

本日も発送します。

お気軽にお問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする