台風10号のため、バルーンのご注文をお断りしました。その理由とは

大型の台風10号が近づいて来ています。

先ほど、17日の発表会へのお届のご注文をいただきましたが、

発送をする15日に一番台風が近くなる予想となっています。

風船は気圧や温度で変化します。

台風は低気圧

温度が高くなったり、気圧が低くなると風船は膨らみます。

飛行機に風船が乗せられないのもその為です。

標高の高い地域へ、低地からバルーンを普通に膨らまして

届けると、風船は膨らむために破裂することがあります。

日立のキッズの実験

面白いことをしていました。

低気圧ていきあつ高気圧こうきあつを目でみて体感してみよう!

バルーン業者は

長野県の結婚式場などに送るときは

特に気を付けて通常の20から30%ヘリウムを少なくして

お届けします。

ナランハさんというバルーンの卸屋さんのブログでも

実験をしていました。

標高1100メートルにバルーンを持って行ってみた

こちら↑も是非読んでみてください。

この暑さと、台風の影響は風船にとっては

最悪な条件となります。

せっかくの発表会へのプレゼントバルーンが

お届けしたときに破裂していたら、悲しすぎます。

台風は急激に気圧が変化するものですので
移動中に台風の渦に入ってしまう恐れのある
地域でしたので、まずはお客様へ説明をと
連絡を取らせていただきました。

今回は、その旨を説明して

判断をしていただきました。

結果は

キャンセルということに

ショップがお客様にキャンセルをお願いすることは

とても悲しいことですが、

きちんとお届けが出来ない可能性が大の時は

こうして連絡をさせていただきます。

バルーン専門店としては当たり前のことだと思っています。

安心して発送やお届けが出来ない以上は

こうした対応を取らせていただきます。

今回の台風10号の被害がどうか少ないことを

祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする