日本遺産認定って何? 石見神楽の大蛇をバルーンで作ろう!!

5月20日に

石見神楽の里・浜田市・益田市をはじめ石見9市町を舞台とするストーリー 『神々や鬼たちが躍動する神話の世界 ~石見地域で伝承される神楽~』が 日本遺産に認定されました!


日本遺産って何?

ですよね。

我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定するらしいのですが

「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて

我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」と

して文化庁が認定するものです。

ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を,

地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内だけでなく海外へも戦略的に

発信していくことにより,地域の活性化を図ることを目的としています。

世界遺産とは違うの?

世界遺産登録や文化財指定は,いずれも登録・指定される文化財(文化遺産)の価値付けを行い,保護を担保することを目的としているので、
その地域の自然や、建物などの保全を大切にして、新たな建物などを建てる場合は
指定が取り消しになることもありますが、
日本遺産は、地域に点在する遺産を「面」として活用し,発信することで,地域活性化を図ることを目的としている点に違いがあります。

ブランド力・発信力をつけるのが第一の目的のようなものですね。

どんなものが日本遺産なのかはこちらのサイトからご確認ください。

日本遺産ポータルサイト

この地域の伝統的な石見神楽が日本遺産に認定されたのです。


石見神楽大好きなこの地域の方々、お子様へ
日本遺産をお祝いして
BLUESKYは8月4日(日)に
子育てすくすくフェアのイベントに参加
参加者の方と一緒に
バルーンで大蛇と剣を
作くります。
3月に雪舟保育園で年長さんと作った
みんなが膨らましてくれた風船を先生がつないでいます。
興味しんしん、わくわくした顔で見つめています。
大蛇、みんなの満足そうな顔 キラキラしていました。
この後、いろいろな形での写真撮影会もされたみたいです。
8月4日 12時から
益田市立図書館にて
赤い大蛇
青い大蛇
緑の大蛇と
3頭の大蛇をみんなで作ります。
石見地方のこどもたちにとっては
戦隊物のヒーローと同じくらい
いや。
それ以上のヒーローが神楽の
須佐之男命 すさのうのみこと」や大蛇、鍾馗なのです。

↓は広島ツイスターズで作った大蛇です。
一緒に剣と面を作って写真に撮りました。
8月4日日曜日は
午前中はグラントワ午後からは図書館で
夏休みの思い出つくりしませんか?
参加費は無料です。
風船以外にも
たくさんのコーナーで楽しめます。
暑い日曜日、グラントワと図書館へ遊びに来てください。
演劇、ハイハイオリンピック、たますだれの実演と皿回しの体験も
出来ます。
午後からは、図書館前で食べ物屋さんも出店します。
遊んで、食べて、夏の一日を満喫してください。
お待ちしております。
イベント、バルーン教室などのお申込み、ご相談はお気軽に
お問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする