新しい葬儀の形 バルーン葬を考えてみよう

昨年の夏にお葬儀にバルーンの話題が2件BLUESKYにありました。

キティーちゃんが大好きな方がお亡くなりなり
お供花にキティーちゃんのバルーンを使いたいので
どんなキティーちゃんがあるか知らせて欲しいと連絡がありました。
お花とバルーンは相性がとても良く
お花屋さんでバルーンを扱っているお店も多くなっています。
ふくもとさんもバルーンの基礎知識は勉強されています。
ウエディングで何度か、BLUESKYもお手伝いさせていただいています。
キティーちゃんの風船を急いで梱包して浜田へ発送しました。
この時期、ヘリウム入りの風船の配送は冷や冷やしますが
無事に翌朝早く到着したものを
アレンジはお花屋さんですのでお手のもの
出来上がりの画像で無事にお届けが完了したことを確認しました。
今回のキティーちゃん、ご家族もとても喜ばれたと
連絡がありました。
お供花の今は故人の趣味や好みでお作りすることが多くなっています。
バルーンブーケだけの供花もあります。
祭壇全体をバルーンで飾りつけするバルーン葬もあります。
バルーンの葬式なんて???
BLUESKYもご家族葬で家族だけだからと、祭壇にバルーンを
飾りたいとのご希望を今まで数件承っています。
実母の葬儀の時には、
祭壇の両端に、紫色のヘアカラーの母に合わせて、
紫のバルーンのブーケを飾りましたが
祭壇においても違和感がなくて、バルーンも良いなとその時に思いました。
お供えバルーンのお届けを行っておられるバルーンショップも数件あります。

http://www.nicofee.com/fs/balloonpark/c/funeral

今は葬儀の形もいろいろで

故人のお気持ちやご家族の思いを 画一的な葬儀でなく
ご家族と相談で多様な葬儀が行われていますから
バルーンで祭壇を飾りつけをしても、全く違和感は無いと思います。

バルーンの使い方もいろいろです。

★葬儀の会場を飾りつけ出来ます。
 有名なyuutube
外国では葬儀でバルーンはよく使われます。
そんな中でも、この動画はバルーンがまるで亡くなられたお子さんの
気持ちを、、伝えていると

祭壇にバルーンをプラスされると

やさしいイメージの空間が作られます。

故人の好きだった色やキャラクター、趣味などを取り入れたバルーン祭壇は

お別れの時を大切になさるご家族にとっても癒しの空間となります。

昨年
島根県松江のバルーンアーティスト
リトルファクトリー大谷隆一さんから、画像が送られてきました。
バルーン祭壇を作られたそうです。

祭壇はバルーンで出来ています。

BLUESKYは

出棺時のバルーンリリース
生前予約
いただいています。

数年前に俳優さん
確か岡田眞澄さんのご葬儀の時に、白と青のバルーンリリースをされて
とても感動的だったのをテレビで観られた方から
「自分は赤が好きだから、出棺時には赤い風船を飛ばして欲しい」とご予約をいただいています。
リリースだけでも空に故人と一緒に上っていくようで感動的です。
祭壇の回りにリリース用のバルーンを置いておき
それに、皆様にメッセージを書き入れていただきその風船をリリースすることも出来ます。
大切なのは、故人のお気持ちとご家族のお別れの思いです。
よく、お花屋さんと、葬儀社、バルーン屋が相談して、一番心にのこる葬儀に
するために話し合いをさせて頂きます。
★故人の好きなものを集めて
故人を知ってもらうためのコーナーをバルーンで飾りつけさせていただくこともあります。
もちろん、浜田益田地域の方は
BLUESKYにお気軽にご相談ください。
お墓の問題で話題になっているバルーン葬について
バルーンに遺灰を詰めて、成層圏まで飛ばし、そこでバルーンが膨張、破裂し、散骨するものを
バルーン葬、またはバルーン宇宙葬と呼ばれる散骨の方法があります。
アメリカではロケットに遺灰を乗せて飛ばす。ロケット宇宙葬というものもあるそうです。
お墓のことは社会問題にもなっています。
★少子化で跡を継ぐ身内もいなくお墓にも入れないので、遺骨が手元に有り処置に困っている。
★高齢化で一人暮らししているが、自身の死後が不安だ。
★身内がいるが、自分の死後誰にも迷惑掛けたくない。
それを解決するためにバルーン葬はご希望されるかたが増えているそうです。
BLUESKYは取り扱いをしておりません。
各取り扱い代理店へご相談ください。

http://www.balloon-sou.com/

ネットで調べますと、大きな灰のようなものが降ってきて、

それがバルーン葬の灰では無いかと書いてありましたが、

遺骨は特別な機械で小さく粉骨加工を行うので、大きな灰の形で

地上に散布されることは無いそうです。

チョッと安心しました。

結婚式もそうですが、自分の一生の大切な行事を今は自分で選ぶことの出来る時代です。

専門家とよく相談されて納得の行く方法をお選びください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする