あなたは使えますか?中国製のヘリウムボンベ

最近ネット販売で中国製のヘリウムがたくさん出品されています。

ピンクとかブルーのカラフルな容器と安価な価格で

バルーン専門店ではなく格安雑貨を売るお店が販売しています。

あなたは中国製品を信用できますか?

中国の安価な商品が日本国中たくさん出回っています。

全部が信用できないわけでもないのですが

食品偽装や、電化製品がすぐ壊れるなどの情報は

みなさん、周知のことと思います。

ネットで販売されている中国製のバルーン商品も

浮かばなかったり、半分以上穴が空いているものを

お客様から持ち込まれて対応に困ったことが何度もありましたので

本当に信頼できていません。

安価なので、それを半分使えなくもいいんですと

割り切っておられる方も多いですが

私たちプロはそんな怖いことはできないのです。

安心して使えるものでないと

お客様には提供できないのです。

ヘリウムの全世界的な枯渇が叫ばれている2019年

同様のサイズのヘリウムなら2,000円以上安く販売できるのが

不思議です。

ヘリウム不足の原因は急速に増えて中国をはじめとするアジアの国の

ヘリウム需要の伸びも言われています。

確かな工場でヘリウムを確かな容器に充填販売しているとは思うのですが

当初はとてもクレームが多かったと聞いています。

ヘリウム濃度も

実際アメリカでは日本と同じメーカーで容器も同じですが

ヘリウム濃度は80%となっています。

それはアメリカでは日本よりも大きな風船を使用することが多く

日本人ほど風船が浮かんでいる時間を気にしない風潮があるからです。

パーティーとかでの使用が多く、その日に浮かんでいたらいいと思う国民性なのですが

日本では少しでも長い浮遊時間をもとめ、ヘリウム濃度をとても気にするのです。

日本での販売はほぼ100%に近い濃度で販売しています。

今多く販売されている中国製は

日本のものと同じとは言っていますが、これをきちんと測定するには

きちんとした検査機関での検査が必要です。

はたして、それをされているのでしょうか?

「ショップでふくらましてみたら50個膨らみました。」

などとは書いてありますが、9インチの風船を何インチにふくらまして

何時間浮遊したか?などは書いてありません。

日本のほとんどのバルーンタイムを取り扱っているところでは

きちんと風船の種類、サイズ、ガス容量、浮遊時間をお知らせしています。

長い間、バルーン屋ではバルーンタイムを販売した確かな実績と経験があります。

BLUESKYでは長年

ご自分で風船がふくらますことのできる

バルーンタイムを年間3,000個以上販売しています。

バルーンタイムは日本での販売も20年以上ある

商品です。

一つのものが長く販売しているのは、それが確かな商品だからです。

こちらのブログでも

バルーンタイムや中国製の風船のことを何度も書いているように

長い実績と経験で、お客様のご要望や質問にお答えしてきています。

ヘリウムの純度を気にしている方

バルーンタイムを使用しての自殺を考えている方の多くが、ヘリウムの純度や梱包方法を質問されます。そんな質問へお答えするときとても悩みます。そんなバルーン屋の愚痴です。

注意ヘリウム缶を購入時に気を付けること

ヘリウム缶のクレームが多いのは安売り店で買われたもの、中国製のアルミ風船、ノーブランドの風船浮かぶサイズ以下の風船などは、逆支弁不調、アルミのフィルムの層が薄い不良品などが多く、トラブルになります。正しい使用方法でお使いください。

結婚式に中国製の風船を選ぶのやめにしませんか

バルーンアートに使う風船は中国製はやめましょう。大切なときには一流の安心な風船をプロに任せませんか?大切なときにはいい商品を使いましょう。

もちろんバルーンタイムでも稀に不良品が出ることがあります。
そんな時に、すぐに輸入代理店と連絡を取り合い、最善の方法を

お客様に提示できるのは日本での長い実績があるからです。

そして一番大切なのは
バルーン専門店で購入するという安心と安全です。

バルーン専門店の私たちは

毎年、風船のこと、高圧ガス(主にヘリウムガス)、施工の安全性

業務の知識などと勉強しています。

雑貨屋さんに、風船のこと質問しても

説明書に記載以外の知識はないのです。

お客様がお困りの時にすぐに対応できる

専門知識のある店からのご購入をお勧めします。

BLUESKYも来週

広島で行われる今年度の安全講習会へ勉強に行きます。

お客様に少しでもいい商品を安心して提供できるように

これからも勉強していきたいと思っています。

BLUESKYの

ヘリウム バルーンタイムのご購入はこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする