広島へ募集2時間で満席になったセミナーを受けに行ってきた。島根のバルーンショップ

超人気のバルーンセミナーを受けに広島へ行ってきました。

体調を崩したりで久々の遠出

4月に入ってからとても寒くて

中国山地越えは

匹見町へのトンネルを抜けると雪国でした。

里は桜、山は雪と

日本の自然の美しさを車窓から眺めることが出来て

素敵な移動時間でした。

今回のセミナーではこちらのドールを作成しました。

講師は

風船使いたけむーこと

人気講師西村剛先生

今年のバルーンの大会

ツイスターズ2019年in関西のディレクターです。

彼のセミナーは丁寧で

新しい技術だけでなく、今までの基本の作り方も

基礎の基礎から教えてくれるので人気です。

たった2時間で満席になるなんて凄いですよね。

プロがプロに技術を教えるのって

とても大変だと思います。

セミナー料金と

交通費や宿泊費を払ってまで習いたい内容って

大切ですよね。

生徒のほとんどはある程度の技術を習得している人たちです。

バルーンを売るため、技術を取得に必要な

セミナーの絶対条件は

1.新しい技術

2.今までの作り方の改善、

3.流行のアイテムの作り方

4.丁寧な教え方

5.バルーンに対する気欲を高められる

などを生徒であるプロが満足しないといけないのですよね。

今回はバルーンにしては高額のバルーンドールをつくるセミナーでした。

風船を配るグリーティングなどの時のバルーンではなく

ギフトやデコレーションなどの

高い価格をつけたときにお客様が満足してくれる商品を作る目的です。

そのためには基礎技術だけでなく

私にしか出来ない作品

風船で表現できる高い価格でも売れるというものを作る表現力や

企画力も必要だと思い、、今回のセミナーを受けることにしました。

昨日のセミナー

特に皆さんが注目して

即 完売だったのは

高額でもお客様からありがとうと言ってもらえる

バルーンの作品

特に

このドールの顔の部分の技術を習いたくて

だとおもいます。

顔って大切だし

目の付け方は皆悩むところなんです。

遠方からも沢山来られていました。

↑は講師の西村さんのドール

↑は私のものです。

目の位置 目と目の距離など

修正を必要としますが、可愛い人形の目を作れました。

皆 一生懸命です。

私はバルーンを始めてから20年近いのですが

最近のセミナーに集まる方は若い方も多くて

知らない方がほとんどです。

そんな中でも

仲良しさんはやっぱりバルーンが好きだし

技術を学びたいから集まりますよね。

お昼は こうして集まって

ワイワイしています。

共通の話題や、悩みなどをこの場で話す時間もセミナーでのたのしみです。

セミナーの参加者は同じ目的意識を持っていることが多いので、

話が通じやすく、仲良くなるきっかけを掴みやすいのです。

例え交流の機会が用意されていなくても、

自分から周りの参加者に話しかけることで人脈につながることがあります。

セミナーを通して全国に仲間が出来ることも大切な目的ですよね。

こうして、一日をセミナーのために集まった人たちは

風船が好きだし、技術を学びたいと意識の高い人です。

バルーン注文するなら意識の高い人がいいですよ。

やはり同じ注文をするのなら

意識の高いバルーンアーティストに依頼されるのがいいと思います。

お客様のご希望を出来るだけ実現できる技術

出来る事と出来ないことをお伝えできる判断力

ご依頼に対してキチンと向き合える力を持っているのは

こうしてセミナーや勉強会に真面目に参加されている方が多いです。

バルーン頼みたいんだけど、大丈夫かな?と

思われたら、その業者さんのHPやブログ、SNS、で

勉強をされている業者さんかを確認してみてください。

私もそうありたいと願ってセミナーを受けに行ってきました。

セミナーのドールのご注文

受けたまわります。

お気軽にお問い合わせ下さい。


週末4月6日 土曜日は

益田市図書館の庭にて

マルシェに参加します。

バルーンのワークショップします。

手乗り象さん作ります。

300円です。

そのほか

剣やお花も作りますよ。

土曜日は図書館へ遊びに行こう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする