義理チョコ廃止 だけどやっぱり贈りたい方いらっしゃいます。ご縁の島根からバルーンギフト

「日本は、義理チョコをやめよう。」

――2月1日の日経新聞に掲載されたゴディバの意見広告は”義理チョコ文化”がすっかり根付いた日本に大きな波紋を広げたみたいですね。

「あげる人が主役、あげる人が心から楽しめるバレンタインが理想」

チョコを渡すときのドキドキ感が全く持てない

会社の人とか同級生とかに ムリしてあげていた時代から

年々チョコは変遷して来た気がします。

バブルの時代は、一人数十個購入は当たり前で

義理チョコとか本命チョコって言葉が浸透したのもこの頃だと

それから、友チョコとか

自分チョコ

時代によってバレンタインのギフトは変わってきたんですよね。

会社で義理チョコ廃止と決まっているところもあるらしいですね。

負担に思ったり、義理でもらうのなら

お返しが大変だから義理チョコ廃止うれしいと

もらう側の男性からの反応もあったみたいです。

大切なのはお互いの気持ちだと思います。

贈る人が楽しめる

気持ちよく相手に渡せるのなら、何チョコでも

ギフトがチョコでなくてもバレンタインは素敵だとおもいます。

BLUESKYも本日はお世話になっている方々へ

バルーンをお届けに行ってきました。

これは義理ではなく、心からの感謝の気持ちです。

贈られる方が負担に思わずに

むしろ、お相手の顔を思い出しながら贈るのなら

それは義理でもなく

心からのプレゼントだと思います。

今日ご依頼のあったのもほとんどが

このバルーンラッピング方の

キャンディーラッピングのチョコです。

今年は手で持てるタイプが人気でした。

本日お届けしたお客様から

渡したら、「おしゃれだね」と言われました。とメールが来ました。

チョコは5個か6個しか入っていませんが

いただいた方の記憶には残るギフトとなっています。

自分で作るセットを販売しております。

中に入れるチョコやキャンディー以外のものはセットになっています。

キャンディーラッピングセット

3,000円からです。【30個分入っています】

https://bluesky.ocnk.net/product/84

今日は孫の一平小春もお父さんへ贈ると

自分たちで作りました。

小学1年生と年長さんでも作れます。

「子どもだって作れるもん」ですよ。

チョコをいただいた貴方

今度は、キャンディーを入れて

3月14日はお返しをしてみませんか?

BLUESKYがお手伝いします。

 

小さなアレンジも可愛いですよ

お手軽な価格で

プレゼントされた方は大喜びされます。

春のプチアレンジ

1500円より

春のギフトはとても華やかで綺麗で可愛いですよね。

ホワイトデーのご相談は

お問い合わせください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする