話題の【僧衣で出来るもん】にバルーン仲間が登場 

僧衣で運転したら反則切符!「#僧衣でできるもん」動画で広がる僧侶の声 …

福井県で僧衣を着て運転していた僧侶が、僧衣での運転が危険と判断され

県警に交通反則切符(青切符)を切られた問題が、波紋を広げている。摘発に反発する全国の僧侶らが、僧衣姿で大道芸や縄跳びなどを披露する動画を「#僧衣でできるもん」とのハッシュタグ(検索用ワード)付きで、SNSに次々と投稿し話題になっています。

テレビでの動画を観ていて

そういえばpirncoさんって方はお坊さんだったなと思い出していましたが

そのprincoさんも動画を投稿されて

【princoの今日のパチパチ】

https://blog.goo.ne.jp/sidosso/d/20190105

ブログでその説明もされています。

https://twitter.com/PRINCO/status/1080645383905193986/video/1

島根では観ることが出来なかったのですが

1月12日(土)16:30~18:00 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」でpricoさんの

日ごろの活動も放送されたらしいです。

私がpiricoさんにお目にかかるときは

バルーンアーティストとしてしかないので、このような法衣(ほうい)

(pricoさんの真言宗では法衣だそうです)姿は画像ではじめてみました。

バルーンの大会などでお会いしても、目がとても優しい方だと

思っていました。

その優しさや強さは、ブログや書かれた本などからも伝わります。

争いでなく、、

多くのお坊さんは、一休さんみたいなとんちで今回の反則切符に応えて

いるのだと思いました。

その表れが

#僧衣でできるもん

法衣の説明もブログに書かれていますから、是非読んでください。

https://blog.goo.ne.jp/sidosso/d/20190105

今回の騒動は

警察VSお坊さんではなく

安全な運転をする服装や履物に関して注意喚起だと思ってほしいと思います。

お坊さん方も

実際を知ってほしいだけで喧嘩を売っているわけでは無いと思います。

#僧衣でできるもん

の投稿を見ていると、本当に芸達者なお坊さんが多いことわかりますよね。

princoさんもバルーンだけでなジャグリング

今回の騒動をキチンと検証も踏まえて

ブログに書かれている方がおられます。

へんもぶろぐ

上記のブログに詳しく書いてあります。

是非お読みいただくと

どうしてお坊さんたちがつぎつぎと画像をUPした意味がわかります。

お坊さんがどうしてこんなに芸達者なんだろうと

疑問に思いますよね。

私が思うには、、、

宗教者は、信仰を広めるのが仕事ですよね。

仏様や、神様への信仰心で、人の心を穏やかにして

生きる為の指針、心の辛さを無くす方法などと布教していくのは

広い意味でパフォーマンスなのだと思います。

どの宗教家も同じやり方ではなく

それぞれの得意なことで、広めていけたらと

パフォーマンスとしていろいろあってもいいと私は思います。

バルーン仲間にも

いろいろな職業の人がいます。

教師や保育園の教諭、看護師、介護士、医者、土木関係者

IT関係者など、、あらゆる職業の方がバルーンを楽しんだり

パフォーマンスを行ったりされています。

自分を表現する方法として、

人を笑顔にしたいという思いの人など、理由はいろいろですが

みなさん、バルーンをすることでイキイキされています。

仕事にもプラスになっているよといわれる方が多いです。

今回の

#僧衣でできるもん

の騒動から

私の思ったことです。

今回のことから

交通事故を防ぐために、もうすこし

服装や、履物、運転しやすいってなんだろうと

その部分がもうすこし深く研究されて

いい規則などが出来るといいのですが

ここまで読んでくださってありがとうございます。


6月15.16日は

関西で久々にバルーンの大会があります。

バルーンのパフォーマンスを是非楽しんでいただきたいです。

今年のテーマは

「ゆめかわいい」

2019年のツイスターズは、第16回目。

第2回開催以来、14年ぶりに関西でツイスターズが開催されます。

テーマは「ゆめかわいい」です。

夢いっぱい、笑顔いっぱいの楽しい大会にしたいと思います。

開催地の尼崎市は、個性あふれるとっても楽しい街。

自由でワクワクするようなアートが集まり、大人から子どもまで沢山の笑顔があふれる空間になりますように・・・

ツイスターズ2019実行委員会


島根益田のバルーンショップBLUESKY

バレンタインの贈り物

卒園、卒業式の飾りつけなど

ただいま、2月3月の御予約受付中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする