孫がインフルエンザに、風邪、インフルエンザ予防のアロマオイル作りたい人へ

孫の小春がインフルエンザAに罹りました。

昨日から39度の熱

最初は凄く頭が痛いと泣いていたそうです。

昨日はお嫁さんの実家で、今日明日は我が家で看病することに

私自身は記憶のある限り

インフルエンザに罹ったことがないのでインフルエンザの症状はあまりわからないのですが

子どもの頃から扁桃腺肥大ですぐに高熱は出ていたので、熱の辛さはわかります。

我が家の風邪予防

我が家の夫婦は

毎日、ヨーグルトの

R-1を食べています。

5年位になりますね。

我が家は 私はそうですが、子育ての最中インフルエンザに誰も1度もかかったことがあ無かったのですが、2011年長女が出産後にインフルエンザに罹ってしまったのです。

我が家のインフルエンザには絶対罹らない伝説が

崩れ去ってしまったので、それ以降は

タマゴアレルギーのある家族ですので、インフルエンザの予防接種は受けていないので

何らかの形でインフルエンザから身を守らなくては思っていたときに

テレビで取り上げられて話題になった佐賀県有田町の保育園・幼稚園関係者を

対象に行なわれた調査でした。

株式会社明治「有田町と周辺地区、佐賀県のインフルエンザ累積感染率」

R-1を食べ続けてもらった有田町の保育園・幼稚園・小中学校では、インフルエンザ感染率の高い

差が県内にも関わらず、他地区と比べると感染率が統計的に差があることが実証されたという

報道でした。

R-1用グルとに含まれる乳酸菌が免疫力を高める効果があることは知られていました。

小学生に限っては隣接した市町村に比べて1/10程度の差があったそうです。

その報道を見てからは

週に2度配達をしてもらって飲み続けて、食べ続けています。

お蔭さまででしょうか

夫も私もインフルエンザには罹っていませんし、

インフルエンザの孫を看病しても大丈夫なのです。

ただ、年をとっているのと、運動不足なのか

風邪を引いたり疲れたりはしますが、すごい高熱が出たりすることはありません。

普段のインフルエンザ対策はR-1を摂取していることで、、

あまりしていなかったのは反省点ですね。

本来はインフルエンザの季節になるとすぐに始めないといけなかった

インフルエンザ対策を、、

小春の発症を聞いてからはじめたので、遅いのですが

昨年の春までは

アロマのスプレーを手作りして風邪の季節まいていたこと忘れていました。

アロマを日常的に使っています。

私は寝るときには

枕周りにラベンダーのアロマをスプレーしています。

どんな時でもそのおかげで最初の睡眠はとてもスムーズに出来ています。

ただ、夜中に何度も目が覚めるのは昔からなので、それは良くなりませんが

睡眠導入に困ることは年に数回、旅行とかでアロマが出来ない時くらいで

アロマのお蔭でなかなか眠れないってことはありません。

それをはじめたのは

千葉の孫たちが風邪をよく引くので

日常的になにか簡単で安心な予防法は無いだろうかと探していたときです。

参加したイベントにアロマのお店も出店されていて

悩みを相談したらいいアロマがあると

イベントでアロマオイルを調合してもらいました。

早速、千葉に送って

玄関や、そのほか寝室にもスプレーすると、

前より風邪を引かなくなったりといい効果が出ましたので

何度か調合していただき送りましたが

自分でも興味を持ち

いろいろ調べてみると

ネットにはたくさんのショップや調合方法が載っていましたので

イベントのお店の方からも、

いいアロマを使わないとダメですよと注意されていたので

100均でも売ってはいますが、ネットで調べて

いいアロマを手に入れることにしました。

などが推薦するお店やブランドのオイルを購入しました

症状にあわせたり、環境に合わせたりのブレンドもネットで検索すると

たくさん出てきますの独学で調合しています。

面倒な方は、インフルエンザ予防、頭痛予防などの項目で調合してある商品も

たくさんありますので、初心者はそちらがお薦めです。

Winter Blend 10ml☆風邪・インフルエンザ予防

アロマで出来るインフルエンザ予防

私がインフルエンザや風邪予防にお薦めするアロマ

精油の中でも抜群の抗菌作用をもつのはティトゥリ-です。

日本看護学校協議会のHPにも

新型のウイルスに対して各所で様々な研究が行われているなか、精油についてもいくつかの報告がなされています。あくまでも試験管内で行った実験ですが、培養したH1N1菌株と精油に関する研究では、多くの精油にウイルスの生育を阻害する働きが認められました。
特にティートゥリーに注目した別の研究では、ティートゥリーの精油と分離した主要な含有成分を其々試験管内のH1N1ウイルスに加えています。その結果、「ウイルスの殺菌には至らないものの、驚異的に増殖が抑えられる」ことが分かり、今後、新型インフルエンザ治療薬のひとつとして開発が期待できる、と結論付けたのです。この精油の特徴的な成分であるterpinen-4-olが強く作用しているとも分析しています。

と有効性が記載されています。

簡単な使い方としては

比較的は安全な精油なので抗菌スプレーで感染予防対策にうってつけ。

インフルエンザは飛沫感染。外出の時には自分のマスクの外側にティートゥリーで作った抗菌スプレーを吹き付けておけばガードはより強固に、今あるハンドソープにちょっと加えておけば安全度もアップ間違いなし。と有りますので

単体で使うのでしたらこちらのティートゥリーがいいと思います。

私は自分でアロマスプレーを作ります。

精製水と無水エタノールはドラッグストアーやネットで簡単に手に入ります。

あとは、症状や状況に応じたアロマオイルを

今回は

  1. 【ティートリー】もっとも抗菌・抗ウイルス作用に優れているといわれる。炎症を抑える働きもあり、ニキビや水虫にも効果が。
  2. 【ユーカリ・ラディアタ】抗菌・抗ウイルス作用以外にも、さわやかな香りにはリラックス効果も。ティーツリーとのブレンドで効果UP。
  3. 【ラベンダー】安眠効果で有名だが、免疫力をUPし、感染症を予防する作用も。鎮痛作用があり月経痛、頭痛も緩和する。
  4. 【レモン】はじけるようなフレッシュな香りは気持ちを明るく前向きにしてくれます。抗菌作用の強いティートリーとの組み合わせはぴったりです。

この4種類をブレンドします。

作り方

【材料】100ml容器

無水エタノール10ml

精製水    90ml

製油

ティトリー 5滴

ユーカリ  5滴

ラベンダー 4滴

レモン   6滴

【作り方】

1.容器に製油をたらして、無水エタノールを入れて、軽く振って混ぜる

2.精製水を入れてよく振って混ぜる

これで出来上がりです。

本来でしたら、これを1.2週間で使い切り新しく作るを作り変えて

寝具にスプレー

玄関にスプレー、加湿器に加えたりと

インフルエンザの流行前からするといいと思いますが

今年は、うっかりしていました。

上記はあくまでも私の作り方です。

私が個人で楽しんだり、それですこし安心したりするアロマの使い方です。

アロマオイルは医薬品ではありません。上記のレシピはあくまでも個人的な調合ですので

ご使用に関しましてはご自身の責任のもとでお願いします。

その他にも

頭がいたい時にラベンダーやユーカリの香りで落ち着いたり

昼間に元気がほしいときは柑橘系の香りを楽しんだりと

ご自身がいいと思う方法でお使いになるのが一番だと思います。

今週末は外でのバルーン作業がありませんので

ゆっくり孫の看病をしながら

お問い合わせいただいております。

保育園、幼稚園の卒園式や親子で遊ぼうなどの飾り付けを

デザインする予定です。

3月の行事が多いです。

すこしお早めのご依頼が増えています。

保育園、ピアノ、ダンス発表会の飾りつけ御予約受付中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする