島根の海にも漂着風船 密かにコレクターが多いのにびっくり

漂着風船に関して先日書かせていただきました。

冬の日本の海岸に漂着した風船を拾うのはまず行政に連絡してください。海洋汚染の心配もですが、危険な風船もあります。アルミの風船を飛ばすのはやめましょう。

昨日も友人のFBに新しい漂着物の中に風船を発見

ブタと虎かな

日本人から見るとあまり可愛くないのだけど

この手の漂着物を検索すると

漁業関係者や環境調査の方々の中に

密かに漂着風船のコレクターが多いのことを発見

皆さん自然を守る立場の人たちですが

海岸に打ち上げられる季節ごとの海の動物の写真と共に

漂着風船を取り上げている人が多いです。

密かに種類を分類したりとコレクションしている人が

いることに驚きました。

多くは学者らしく風船を分類したりしているのにも

驚きでした。

もちろんん、基本は環境問題への警鐘ですが

あまりにもマニアックな風船の柄をたのしんでもいるみたいです(苦笑)

北海道大漂着物展 図録ブログ

海岸の宝箱

電脳的潟潟通信

浜歩き情報

ミナオシ島 

まだまだ沢山の方が漂着風船をブログであげています。

電脳的潟潟通信さんが載せておられた写真

しっかり分析もされていました。

海岸で風船コレクション発見
ピンクのは中国のウルトラマンシリーズ。
ウルトラファミリー勢揃いなイラストです。
青と黄色のはアングリーバードのイラスト付。
文字が何もないので判断に苦しみますが
日本でこのキャラクターってあまり見た事ないし(人気ないよね)。
漂着風船の傾向としては
素材がシナシナで色あせがひどいのが中国
素材がしっかりしてて色がきれいなのが韓国
かなー、なんて思ってますので
アングリーバードは韓国かもしれない。

海洋の調査のたびにいかに沢山の
対岸の国からの漂着物が多いかがわかりますよね。

漂着風船コレクションの方々の写真をすこし見て見ましょう。

浜歩き情報さんのブログから

北海道大漂着物展

偽物のウルトラマンの風船ですよね。

センス悪い

ミナオシ島

ここに載せきれないくらいの大量の漂着風船が

今日も、日本海側の海岸に打ち上げられたり、飛んできて落ちたりしています。

なんてセンス悪いんだろうと

思うのが一番に来てしまいますが

前にも書きましたが

直接触れることはやめて下さい。

見つけたときは市町村へご連絡ください。

また、これを見て、、笑うだけでなく

私たちは絶対にアルミの風船を飛ばしてしまう行為はしないことを

誓いたいです。

私たち

バルーン屋は風船に関する勉強を常に心がけています。

自然を守るのも大切な仕事だと思っています。

漂着風船を見るたびに心が痛くなります。

少しでも減らせたらと願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする