18年も続けて益田の療養病棟へバルーンをプレゼントするって凄いことですよね。

毎年、益田市医師会病院の療養病棟フタバ棟

クリスマス会のための飾りつけ用のバルーンを作らせていただいています。

2011年

2013年

2015年

とにかく休み無く

18年です。

中島先生が

療養中の利用者さんや

医師会 さくらんぼ保育園へ

ポケットマネーでプレゼントしてくださっていました。

凄いですよね。


はじまりは

私と広島のバルーンアーティストpikaさん

そして、現在出雲市で美容からウエディングまで手広くビジネスを展開している

株式会社アンジェ・21の野村広子さんと3人でバルーンの展示会を行ったときに

益田市津田町 津田医院の中島先生が観に来てくださり、クリスマス会に使いたいとご依頼を

いただいてから、毎年です。

中島先生がお亡くなりになってからは津田医院の狩野先生が引きついで下さり

作らせていただいています。

フタバ棟の1階2階とさくらんぼ保育園のバルーンを

作って飾りつけは各場所の担当の方がされるので出来上がりは観たことが無いのですが

とにかく、作る途中も利用者さんや、お見舞いに来られた方が

楽しそうに観にこられます。

今年はどんなバルーンなの?と毎年楽しみにしてくださっている職員さんもおられます。

今年も沢山作らせていただきました。

今日 20日のお昼にはクリスマス会があるそうです。

利用者の方がバルーンを見て喜んでくださるといいのですが

昨日、事務職員さんと話をしたのですが

18年も続くと

受ける側は当たり前と思い、プレゼントしてくださる方への

感謝を忘れるているかもしれないと

そうかもしれません。

ポケットマネーで毎年プレゼントしてくださっているのです。

BLUESKYも

毎年当たり前のようにご依頼を受けていますが

こうして続けてくださることに本当に感謝しています。

あらためて、一つ一つのご依頼の

意味を考えて、大切に作らなくてはあらためて思った

昨日の作業でした。

ご依頼ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!! ございます。

クリスマスバルーン

まだ間に合いますよ。

配送等のお問い合わせはお気軽に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする