寒いときの介護について、昨日考えてみた。島根のバルーンショップBLUESKY

土日ととても寒かったですね。

土曜日は益田市立図書館のイベントに参加

昨日日曜日は 浜田 道の駅ゆうひパーク浜田でイベントに参加でした。

雪がちらちら降ってくる

とても寒い2日間でした。

95歳の姑の介護をしながらの仕事ですので

認知症の姑とのストレスで対応に苦慮している私のためか、実母が姑の夢枕に立ってくれたみたいですが、残念ながら短期の記憶は消失するので内容がわかりません。思い込みが激しく攻撃的な認知症の対応は難しいですね。

予定を組むときは

早めにわかるときは、ショートステイをお願いしたり

デイサービスを追加でお願いをしていますが

土曜日は何とかデイサービスに行ってもらうことで対応

それでも、デイのお迎えまでは家に誰かいないと

一人では無理なので、イベント準備と姑担当に分かれて送り出しが出来ましたが

日曜日はデイサービスがありません。

朝7時には家を出ないといけなかったので

6時半に姑の部屋のエアコンを入れ

朝食の準備と

昼のお弁当を用意して

その旨、手紙を寝室と

食事準備しているテーブルに置いて家を出ました。

前日にはそのことを何度も説明はしていますが

朝、6時半は熟睡していましたので、

起こさずにいました。

夫は空手の大会準備

私は浜田へ

小雪が降りとにかく寒かったです。

浜田の道の駅

chouetteさんハンドメイドイベントに参加しました。

イベントは人気のパン屋さんには長蛇の列

相変わらず人手が多かったですが

とにかく寒かったのです。


昼過ぎからは

なんだか嫌な予感が

家に一人の姑のことが気になって

何故だか

私の姑危険信号は当たるんですよ

心不全からの風邪で肺炎にならずに何とか

治ったばかりですので

姑の命は低空飛行と病院で言われましたが、

まだまだ着地はしません。

https://ameblo.jp/aoisora30/entry-12423851159.html

また風邪でも引かれたら大変です。


午後2時には

4時までのイベントですが、帰宅に1時間掛かるので

早めですが、帰ることにしました。

3時半過ぎに帰宅

部屋に上がって

まず、目に飛び込んだのは

昼の弁当がそのままの状態テーブルの上

朝ごはんは

流しに皿と牛乳を飲んだコップが置いてあったので

食べたことを確認、薬も袋が捨ててあったので飲んだと確認

2階の

姑の部屋に入ると

なんと、エアコンは止めてあり

窓が10cmほど開いていました。

外は5度くらいの冷気

雪も降っています。

姑は

お布団の上に、電気のひざ掛けに包まって

寒い

寒いと

言っていました。

そりゃ寒いです。

外は雪が降っているのですから

エアコンつけて

窓閉めて

落ち着いてから

姑にお昼はどうしたの?と聞くと

食べたよと

今、姑の部屋には食べ物を置いていませんし

冷蔵庫の中にもすぐに食べられるものはお手いないので

たぶん食べることを忘れたのだと

エアコンをどうして止めたの?

窓は何故開いているの?と

聞きましたが、そんなことはしていないとの返事

エアコンの風が嫌いで

夏の猛暑でもエアコン止めたり

エアコンつけていても窓を全開することは

しょっちゅうですから

姑が家に入るときは

エアコンと窓の管理で何度も部屋に確認に行かなくては行けません。

認知って

いろんな事が起こります。

今回、お昼食べなかったり、エアコン消して窓開けたりも

よくあるパターンですが

やはり、これからの季節は寒いので

風邪を引くことがとても怖いですよね。

バルーン屋ですので

土日にイベントはありますし、それが無いと困りますが

姑を

ショートステイや入所で何とかやってきたことも

全部の土日をお願いすることは不可能です。

寒い時期

これから姑の介護は誰かが家にいて見守らないといけないと

昨晩思いました。


仕事はもちろん

お受けできるものはキチンとさせていただきます。

家族や知り合いに協力してもらって

姑の食事と部屋の管理が出来るように

知恵を絞っていこうと思います。

12月16日のイベントは

15日からショートステイをお願いしているので

年末までは施設で見てもらえるので

安心して仕事が出来ます。

介護のサービスは

本人のためでもありますが、介護する家族の負担を減らすためでも

有ります。

有効に使って、健康で本人が過ごしやすい環境を提供するのも

大切だと思います。


12月16日(日)

太陽フィットネスクラブ石見

20週年記念イベントに参加します。

バルーン教室も午前と午後に先着10家族様で

行います。

浜田市フェリーチェの

ブライダルフェアにも参加します。

飾りつけとバルーンの提案をさせていただきますが

会場にはBLUESKYのスタッフはいませんので

フェリーチェのスタッフの方に御質問をお願いします。

フォトスポットは作りますので

是非、素敵な写真を撮ってください。


介護や子育て最中の

沢山の働いている人がおられます。

皆さん、いろいろ工夫して頑張っておられると思います。

介護と仕事の領地る木気を乗り切る「心の持ち方」

https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180320-OYT8T50105.html

BLUESKYも

介護頑張ります。

いいアイデアや、助言がありましたら

教えていただけるとうれしいです。

イベントの参加や装飾を承っています。

お気軽にご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする