島根のバルーンショップBLUESKYの顧客NO1のお客様

20年前に

初めてのバルーン展覧会を益田の本屋さんの二階で

今は広島で大活躍されているpikaさん

出雲でウエディング事業を手広く展開されている野村さんと3人で行いました。

その時にバルーンを見に来てくれていた小さなお嬢さんが

10月13日に結婚式をされました。

新郎の方が持ってくださっているのが

BLUESKYのウエディングアレンジ

婚礼シーズン10月のウエディングギフトのご注文を承っています。秋の香りの銀木犀の香りで元気になります。

カエルが覗いているアレンジ

カエルはお祖父様が大好きだった物です。

展示会の時にお祖父様がクリスマスの飾り付けを見て

ご依頼くださいました。

それ以降 毎年クリスマスの時期になるとご注文いただき

お亡くなりになってからもご家族から続けてご依頼いただいています。

BLUESKYのデコレーション第一号のお客様

その後もカエルを沢山アレンジに使った

パーティ会場の装飾や

クリスマスの飾りつけを沢山作らせていただくきっかけとなりました。

そして、展示会が済んでから暫くしたときに

お孫さんからお電話が

「お母さんの誕生日に驚かせたいので浮かんでいる風船を贈りたい」と

トトロの風船をお届けしたのが

バルーンギフトのお仕事第一号となりました。

今の、BLUESKYがあるのは

お祖父様とそのお嬢さんのおかげです。

BLUESKYの原点のお客様の結婚式に

こうして新郎新婦がBLUESKYのアレンジと写真を撮ってくれたことに感謝です。

うれしくてうれしくて涙が出てきました。

どうぞ、お幸せになってくださいね。

綺麗で、華奢で、可愛いかったそのままの美しい花嫁姿

我が家皆もとても喜んでいます。

素敵なご主人とても頼りになる感じで

どうぞ、幸せに二人で家庭を作って行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする